空を飛んだニート

No votes yet.
Please wait...
準備にかかる時間
25 分
調理をしている時間
40 分
難易度
普通
サービスした人数
3 人
コース
笑顔にさせる
投稿した人
投稿日時
1 ボウル
最後の文好き
1 カップ
中村文則みたいな塩梅のブラックさ
1 杯
"酒を飲み、水甕に落ちて死ぬ猫もいた。" なかなか古式ゆかしい死に様である。
1 切れ
飛ばないニートはただのニー(以下自粛
1 枚
増田文学(難解
1 どんぶり
並び替えて意味が通るようにせよという問題かな?
1 スプーン
すごい。
1 袋
なんだなんだ。
1 杯
自動文学(AI生成)だったりするんかな?
空を飛んだニート

猫たちはニートが空を飛ぶのを見た。

 

雲の間を自由自在に飛び回り、腕を振り回せば雷が起こる。猫に人間のことは分からないが、きっとニートは神になったのだと思った。

  1. ニートの家のおばさんは野良猫に餌を与えることで有名だった。そのことで地域住民とだいぶ対立もあったようだが、おばさんは気にしないで野良猫を集めていた。おばさんは「酒鬼薔薇聖斗が来てもうちの猫には指一本触れさせない」という。
  2. おばさんのもとには県議会議員からフリーターまで、いろいろな人間が出入りしていた。なかにはホームレスまでいた。ホームレスは猫の餌だと言って公園で汲んだ水を持ってくる。おばさんは「あら、ありがとう」と言っておにぎりを渡した。ホームレスは猫の頭を撫でて帰っていった。
  3. いろいろなひとたちが出入りしていたが、猫たちはおばさんの息子であるニートの顔を見たことがなかった。いちどだけ家のなかから「うるせえ、ババア」という怒鳴り声が聞こえた。人間たちはおばさんにひきこもり団体の支援を受けたほうが良いと言ったが、おばさんはニートがひきこもり団体のことを反日左翼の砦だと言って聞かないという。怒鳴り声は「私が死んだときのために生活保護の話をしたらキレた」という。
  4. ある日、ホームレスが公園で倒れていた。酒が大好きなホームレスは神社の祭りの事務所から一斗樽を盗みだし、イッキ飲みをしていた。
  5. 倒れたホームレスのまわりに大勢の猫が集まってきた。なかにはホームレスの酒を飲み、水甕に落ちて死ぬ猫もいた。異様な鳴き声をあげる猫に気づき、住民は警察を呼んだ。ホームレスは最期に空を指差しながら「なんだい、ありゃあ」と言った。猫たちが空を飛ぶニートを見たのはそのときである。他の人間には見えなかったようだ。
  6. ホームレスは飲酒とDVが原因で社会的に破綻した男だった。元嫁は「あの人は人間じゃない」と言っていたが、猫たちは公園で死んだホームレスを見て人間だったと思った。

コメントはありません。コメントを残しましょう

コメントを残す

ご注意ください) 当サイトのコンテンツに対するコメントは、それぞれのユーザーの見解を反映するものであり、必ずしもこのウェブポータルの見解ではありません。ユーザーは、誹謗中傷や、脅迫的、侮辱的な表現を控えてください。そのような投稿を発見した場合、予告や説明なしにコメントを削除する場合があります。

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 *

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)